長野ブラッシュ

台風19号長野市災害復旧支援 ボランティア

Read Article

いちご農家さんのSOS

いちご農家さんのSOS

決壊して流れてきた濁流と共に
ビニールハウスに流れ込んできた大量の汚泥。
ハウス自体は高さ1.5mほど冠水。
水が引いた後も脛あたりまでのヘドロがハウス全体に残った。

通路の間やプランターの下にも泥は溜まっていて
スコップで掻き出しては一輪車に乗せて、外まで運ぶ。
総勢20人ほどで2日がかりですべての泥を搬出。

(作業終了後の写真)

泥だしの作業は終わりましたが
完全に一度水没してしまったビニールハウス
いちごの苗を見る限りはまだまだ先は長そうです。

またおいしいいちご狩りがここでできるように頑張ってください!
作業を手伝ってくれたボランティアの方々2日間ありがとうございました!

Return Top