長野ブラッシュ

台風19号長野市災害復旧支援 ボランティア

Read Article

全国のストーブおじさんありがとう

全国のストーブおじさんありがとう

合計600個近くのストーブが集まりました!
 
きっかけはうちの代表NOBが
「災害で家電や衣類もろとも流されてしまった被災者の方たちが
自宅や新しい住居に戻った時に、暖かい暮らしができるようにしてあげたい。」
と思って始めた「ストーブ集めおじさん」

 

 
初めは「長野市周辺で使っていないストーブがある人は
家まで取りに行くのでください!!」という小規模なものでしたが

 
 
SNSに投稿してわずか3日間で
合計100個近くのストーブが長野ブラッシュに集まりました。

 
 
ありがたいことにその投稿を見たひとたち人たちが
シェアやリポストを繰り返してくれて

 
 
気づけば
南は九州から北は東北から、輸送で送ってくれる人たち。
夜の間に何も言わず事務所の前に置いて行ってくれる人たち。

 
新潟や名古屋、東京からからはるばる持ってきてくれる人たち。
 
関東/関西周辺の友人のストーブを代わりにかき集めた人。
登山家仲間たちでストーブ集めを呼びかけて
それを車まんぱんに積んではるばる届けてくれた人。

 
通販で新品を買って配送先をブラッシュにして寄付してくれる人。
寄付金を募って何十個と新品を買ってきて寄付してくれる団体。
毎日佐川やヤマトのトラックがブラッシュに届けに来る。

 
たった一言つっぶやいたことから
全国の仲間やその友人、友人の友達。
活動を知ってくれて声をかけてくれた団体。

 
たくさんの人の協力と思いによって動きが全国に広がって
合計600個
すごい数のストーブを集めることが出来ました。
 
集まったストーブは
在宅避難する人や仮設住宅生活の人
市の用意した賃貸に仮住まいする方へ

 
被災者の生活の支援をする自治団体
在宅支援センター(豊野地区住民自治協議会)を通して
被災された方へ届けられました。

 
 
重ね重ね
たくさんの協力、ストーブの寄贈
本当にありがとうございました。

 
 
長野はこれからもっともっと寒くなっていきます。
ストーブを配って安心、という訳ではありませんが
みなさんのおかげで少しは
被災された方が暖かく生活できるようになったと思います。

 
今後も被災された方の助けになれるように
自分たちも活動を続けていきます
また機会あればよろしくお願いします!

 
本当にありがとうございました!!
 
 
【集まったストーブの写真一部】
【SNSでみんなが拡散してくれた様子】
 
 

Return Top